安全衛生再構築セミナー※

安全衛生再構築セミナー   リスクアセスメントの再構築~危なさと向きあうために~   開催のご案内

主催 愛知県下各労働基準協会  実施機関 名古屋西労働基準協会

 人材を確保することが困難になってきたとの声が多く聞かれるようになりました。ましてや、労働災害が発生する事業場であっては、人材確保は不可能になっていくことは明らかです。そのためにも、その場限り、その時限りの災害防止対策ではなく、将来に向かって労働災害防止活動のPDCAサイクルが永続的に循環する体制を構築しなければならず、 PDCAサイクルの構築にはリスクアセスメント活動が不可欠です。

 現在、愛知労働局においては「危なさと向きあおうAction100in愛知」を展開するとともに、死亡災害の増加を受け「悲しい顔は見たくない。~「原点回帰」実効あるルールづくりと実践できる風土づくりへ~」の緊急リーフレットを事業者団体等に配布して緊急点検を求めています。

 そのポイントは、事業者は、安全管理の原点に返り、事業者がリスクアセスメント活動により、事前にそこにある危険源を認識し、評価と管理を行い、危険をコントロールしなければならないというものです。

 平成18年にリスクアセスメントが法定化され10年以上が経過しました。事業場の担当者からは、評価表の見直しがされていない、トップの関心が薄れたため行われなくなった等、リスクアセスメント活動の形骸化の声も聞かれております。

 そこで愛知県下労働基準協会では、リスクアセスメント活動の再構築に向け、現状における課題及びそれに対する対策に重点をおいた「リスクアセスメントの再構築」セミナーを開催します。

 愛知労働局が重点とする「危なさと向きあおう」に関する理解の促進に資する内容となっておりますので、企業のトップ、管理者、安全衛生担当者等多くの皆様にご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時

  未定   13時30分 ~ 16時30分

会場

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)
 名古屋市中村区名駅4-4-38
 

対象

経営者、管理者、労務・安全衛生のご担当者 など

内容

1.労働災害が減少したのはなぜか?

2.労働災害発生によって失うものは何か?

3.安全衛生管理再構築の鉄則とは?

4.リスクアセスメント活動とは?

5.リスクアセスメント活動の課題と対策

6.メンタルヘルスで、つい忘れてしまうこと

講師

椎野労働安全衛生コンサルタント事務所所長
労働安全衛生コンサルタント
中小企業診断士・技術士 椎野 由裕 氏

会費

会員 7,500円  非会員 9,500円
※テキスト代、消費税を含みます。

申込要領

申込書を予めファックスのうえ、開催日の14日前までに会費を銀行振込ください。また、受講票は開催日の7日前までにお送りいたします。

一般社団法人 名北労働基準協会 総合受付
〒462-8575 名古屋市北区清水1-13-1
TEL:(052)961-1666
FAX:(052)962-1670

 

 [Download id not defined]

振込先

三菱UFJ銀行 柳橋支店 普通預金 No.0345841
名古屋西労働基準協会

<ご注意>

・恐れ入りますが、振り込み手数料は貴社にてご負担願います。

会場略図

Microsoft Word - 労働トラブル防止総合講座 案内_年間_.pdf - Adobe Acrobat Pro

電車をご利用の場合

(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
◎JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
※名鉄地下街サンロードからミッドランドスクエア、マルケイ観光ビル、名古屋クロスコートタワーを経由 徒歩8分

お車をご利用の場合

名古屋高速都心環状線「錦橋」出口より約6分
有料駐車場…収容台数123台・近隣有料駐車場多数あり