名北・尾北 労働災害防止大会(3月)

平成30年度 名北・尾北 労働災害防止大会の開催について

増の26名と急増し、厚生労働省、愛知労働局ともに業界団体等への労働災害防止に対する緊急要請を行なわれました。
■愛知県下の労働基準監督署管内でも、平成26年11月末の名北署管内の死亡災害が8倍の8名、一宮署、津島署、瀬戸
署、江南署管内では休業4日以上の死傷者が増加し、特に一宮署、瀬戸署は12.0%増、29.2%増と県下最大の増加率です。
今後も、国家的な大規模事業が続く中さらに繁忙となり、経験の浅い労働者が増加し、また、アスベスト、職業性
胆管がんに類似する新たな問題が出現する可能性もあり、さらなる労働災害の増加が懸念されます。
そこで、地域的に隣接する名北・尾北の幅広い地区を対象に、化学物質、過重労働等の新たな課題も含めた、労働
災害の防止を今一度根本から考え直す「名北・尾北労働災害防止大会」を開催いたします。
事業者、安全衛生・人事担当者、現場監督者等の方々に、多数ご参加いただきますようお願い申し上げます。

※下記は過去の内容です。 今年度の詳細については内容が決定次第、随時掲載いたします。

日時

平成30年 3月 5日(月)

13時30分~16時30分

会場

小牧勤労センター 多目的ホール

lift_map1

小牧駅バスターミナルからピーチバス乗車
約10分

小牧インターから約20分
R41号線を犬山方面へ出て2本目の信号(村中)を右折、約5km走り、「勤労センター北」の信号を右折突き当り

春日井インターから約20分
R19号線を多治見方面へ出て最初の信号「春日井インター東」を左折、約5km走り信号「上田楽町北」を右折、2本目の信号「上末南」を左折すぐ