働き方改革関連法対応のための「待遇差対応研修」

主催:愛知県下各労働基準協会
実施機関:一般社団法人 名北労働基準協会
 平成30年6月29日に成立した「働き方改革関連法」は、長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現等を目指すもので、
全ての企業に重大な影響を与える、労働界では“戦後最大の大波”とも言えるものです。
 その中でも、同一労働同一賃金は、同一企業等内で、正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者
(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すもので、企業では、正規雇用
労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても、労働者が納得
を得られる処遇や多様な働き方への対策を講じなければなりません。
  しかしながら、“同一労働同一賃金の実現”は、本年6月1日の最高裁長澤運輸事件では、定年後継続雇用のドライバーの
賃金引き下げを認める判断が示されましたが、高齢継続雇用者に関するもので、現政権の「『非正規』という言葉を一掃す
る」との政策に変わりはありません。なお、同日の最高裁ハマキョウレックス事件では、契約社員に諸手当が支給されない
ことを不合理な労働条件格差としており、現在、全労働者の中で非正規労働者の占める割合が37.3%に増加した中では、企業
の人材活用の仕組みを大きく変える状況となりかねません。
  そこで、 愛知県下各労働基準協会では、「働き方改革関連法」の中でも、同一労働同一賃金への対策構築や対応リー
ダーの育成のために、「待遇差対応研修」を実施します。
 企業の繁栄と労働者の幸福に繋がる関係法への対応を行うため、多くの企業の皆様にご活用いただきますようご案内申し
上げます。

日時

①令和2年7月16日(木)

②令和2年11月25日(水)

③令和3年 2月9日(火)

のいずれか1日

午前9時30分~午後4時30分

会場

一般社団法人 名北労働基準協会 3階「大会議室」
名古屋市北区清水1-13-1

対象

  • 経営者、管理者、労務人事・安全衛生ご担当者等

内容

1.賃金格差の実態 

正社員はこんなに給料をもらっている!

.日本の企業に多い賃金形態 

長期雇用を見込んだ正社員の賃金カーブと有期雇用者の差

3.賃金格差に関する過去の紛争事例   

同じ仕事をしているのにこの賃金差は許せない! 

.働き方改革法による短時間労働者 

有期雇用労働者の賃金格差是正 

「短時間労働者及び有期雇用労働者の

雇用管理の改善等に関する法律」改正

.同一労働同一賃金ガイドライン 

正社員と非正規職員、どういう待遇差がいけない? 

.派遣労働者の賃金格差の是正 

「労働者派遣法」の改正 

.正社員定年退職後の賃金格差の取り扱い 

定年後に急に給料が下がったけど・・・

8.同一労働同一賃金を実現していく上での問題点 

平等な待遇を目指すには、準備しなければならないことがあります

 

会費

会員 9,420円  非会員 11,510円
※テキスト代、昼食代、消費税を含む

修了証

受講修了者に「修了証」を交付いたします。

申込要領

申込書を予めファックスのうえ、開催日の14日前までに会費を銀行振込ください。また、受講票は開催日の7日前までにお送りいたします。

一般社団法人 名北労働基準協会 総合受付
〒462-8575 名古屋市北区清水1-13-1
TEL:(052)961-1666
FAX:(052)962-1670

メールお申し込みはこちら

振込先

三菱UFJ銀行 黒川支店
普通預金 No.2036133
一般社団法人 名北労働基準協会 労務管理教育会計

<ご注意>

・名北労働基準協会には振り込み先がいくつかございます。今一度ご確認下さい。
・恐れ入りますが、振り込み手数料は貴社にてご負担願います。

アクセス

名北労働基準協会MAP

公共交通機関

  • 「名 鉄」清水駅徒歩4分、東大手駅徒歩7分
  • 「地下鉄」市役所駅①番出口徒歩12分
  • 「バ ス」市バス・名鉄バス清水停留所徒歩5分

会場には受講者専用駐車場がありません。公共交通機関でお越しください。
車にてお越しの場合は、近隣に格安駐車場があります。
充分時間を見ていただいたうえで、有料駐車場を各自の責任・負担でご利用ください。