適正な労働時間・管理説明会

B04 適正な時間外・休日労働実施のための説明会(会費無料)開催のご案内

※下記は過去の内容です。 今年度の詳細については内容が決定次第、随時掲載いたします。

 

主催 名古屋北労働基準監督署

後援 一般社団法人 名北労働基準協会

法定労働時間を超える時間外労働並びに法定休日労働は本来労働基準法上許されず、時間外労働・休日労働に関する協定(36協定)を締結し、これを労働基準監督署に届出ることにより、使用者は初めて法違反の罪を免れることができます。

36協定の締結届出と割増賃金の支払に関する事項は、労働基準監督署の行う監督指導等で、近年事業場の規模に関わらず、法規定の理解不足、誤解による不備が指摘されることが多く、不適切な労働時間管理による賃金不払残業も多数見受けられます。

また、厚生労働省では、11月に「過重労働解消キャンペーン」が実施され、若者の「使い捨て」が疑われる企業や、過労死などに関して労災請求が行われた事業場等へ、過重労働や悪質な賃金不払残業などの撲滅に向けた重点監督が行われています。

そこで、時間外・休日労働協定等の留意点と過重労働解消のための「適正な時間外・休日労働実施のための説明会」を開催いたします。労務管理担当者等の皆様には、ぜひともご参加いただきますようご案内申し上げます。

 

 

日時

平成31年1月-日(-)

午前9時30分~午後12時30分

会場

名古屋栄ビルディング 12階「大会議室」

名古屋市東区武平町5-1(駐車不可)
電話(052)961-1507

名古屋栄ビルディングMAP

公共交通機関

  • 地下鉄東山線または名城線栄駅下車(5番出口)徒歩2分

会場には受講者専用駐車場がありません。公共交通機関でお越しください。
車にてお越しの場合は、充分時間を見ていただいたうえで、有料駐車場を各自の責任・負担でご利用ください。

 

メールお申し込みはこちら