平成30年度の労働の動向を見るセミナー

B01 平成30年度の労働の動向を見るセミナー 開催のご案内

主催 一般社団法人 名北労働基準協会

 後援 名古屋北労働基準監督署・愛知県下各労働基準協会

 

現下、労働災害や過重労働による健康障害の増加、労使紛争の発生、深刻な人手不足等、直面する課題は多岐にわたります。今国会では成立は不透明なものの国の重要施策である「働き方改革関連法案」は、やがては必ず成立するものと思われ「働き方改革」に迅速に対応することが求められております。

  このような中、平成28年の愛知県下の労働基準監督署の定期監督等では、対象事業場の66.6%に法違反が発見され、賃金不払残業、過労死・過労自殺事件、労使紛争の発生は後を絶たず、労働災害も増加傾向を見せており、労働に問題を抱える企業は、業務の推進、求人、社会的イメージ等に悪影響が生じ、成長をも阻害されてしまいます。

 また、愛知労働局では平成30年度の最重点課題として ①「働き方改革(長時間労働の是正、同一労働同一賃金等)」 ②「人材確保(多様な人材が働きやすい職場づくり等)」 ③「労働災害防止対策( 第13次労働災害防止推進計画等)」 等を掲げており、すでに、労働基準監督署では「働き方改革関連法案」の成立に先駆け、長時間労働是正や時間外労働協定(36協定)届提出促進等の指導強化が行われ、企業の経営者、管理者は労働の動向を的確に把握し、経営の舵取りを行うことが必要です。

 そこで、今後の経営方針決定の判断材料としていただくため、「平成30年度の労働の動向を聴くセミナー」を下記のとおり開催いたします。経営者、支店長・工場長等の事業場トップの皆様、並びに労務人事部門の責任者、担当者の皆様に多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

日時

平成30年6月18日(月)

午後1時~午後4時30分

会場

名古屋能楽堂  名古屋市中区三の丸1-1-1

 

内容

挨 拶 名古屋北労働基準監督署長  三 好  了  氏

 

第1部 平成30年度の労働基準行政の重点対策について

  1.監督業務の重点課題について

  名古屋北労働基準監督署 副署長  永 森 浩 禎 氏

 2.労働保険制度の運営について

  名古屋北労働基準監督署 副署長  平 賀 富士夫 氏

 3.第13次労働災害防止推進計画について

  名古屋北労働基準監督署 安全衛生課長 間 藤 充 伸 氏

 

①労働条件確保・改善対策 ②長時間労働削減対策 ③第13次労働災害防止推進計画         

④労働災害防止対策 ⑤労災補償制度適切運営対策 等

 

第2部 平成30年度の労働の動向について

宮澤俊夫法律事務所 所長 弁護士     氏

 

働き方改革関連法案への対応 長時間労働是正対策 勤務間インターバル制度

不合理な待遇差を解消のための 改正パートタイム労働法 労働契約法 労働者派遣法 等

 

    対象

    ・経営者、支店長・工場長等事業場のトップの皆様
    ・労務人事・安全衛生部門責任者、担当者の皆様

     

    会費

    無料

    定員

    600名(全席イス席となります)
    ※店員満了になり次第、締め切ります。

    お申込み方法

    1. 下記の「申込書・参加券」をファックスにて、一般社団法人 名北労働基準協会 総合受付にお送り下さい。

      一般社団法人 名北労働基準協会 総合受付
      〒462-8575 名古屋市北区清水1-13-1
      TEL:(052)961-1666   FAX:(052)962-1670

    2. セミナー当日「申込書・参加券」を受付にご提出下さい。
    3. セミナー当日は満席が予想されます。急きょご欠席される場合は上記までご連絡下さい。

     

    会場略図

    名古屋能楽堂

    名古屋市中区三の丸1-1-1(有料駐車場あり)

    名古屋能楽堂MAP

    公共交通機関

    • 地下鉄鶴舞線「浅間町」下車 1番出口より東へ徒歩10分
    • 地下鉄名城線「市役所」下車 7番出口より西へ徒歩12分
    • 市バス「名古屋城正門前」下車すぐ(栄13号系統、栄27号系統、西巡回系統)
    • なごや観光ルートバスメーグル「名古屋城」下車すぐ

    お車でお越しの場合

    • 駐車場:乗用車319台/30分ごとに180円